家族葬と一般葬の葬儀の違いついて

subpage01

最近、人気となっている家族葬とは、故人の身内とごく親しい人だけで慎ましやかに行う葬儀です。


高齢になって亡くなられた方が選択することが多いです。

一方の一般葬とは、昔ながらの一般的な葬式です。



身内以外にも故人や遺族の関係者、友人・知人などを招いて、通夜と告別式を行うスタイルです。
家族葬は、葬儀の予算を抑えられ、故人とゆっくりと別れを惜しむことができることがメリットです。

予算については、10万円代に抑えることも可能です。



一方で、連絡をしなかった方から、「亡くなられたことを教えて欲しかった」と言われたり、焼香だけでもさせて欲しいと弔問に来られる方の対応をしなければならないという、デメリットもあります。

仕事をしている方が亡くなられた場合は、家族葬は避けた方がいいでしょう。一般葬は、葬儀中に弔問に来る方への対応が大変で、葬儀が終わるまで悲しむ時間もなかったと言う人もいるほどです。また、お金がかかるのも大きなデメリットの一つです。一般的には300万円〜500万円ぐらいかかると言われています。


知人などがなくなった場合、家族葬の場合は、弔問に行かないのが一般的です。

案内状が来て招かれない限りは、辞退しましょう。

弔電は、打っても大丈夫ですが、供花については式場の大きさの関係から、送られると困るケースもあります。



供花を送りたい場合は、式場に事前に問い合わせてから送るようにしましょう。
葬儀会社では家族葬のセミナーなどもやっているので、メリット、デメリットを比較してしっかりと検討してみましょう。


意外な事実

subpage02

近年は、葬儀のスタイルも多様で、従来のものとは違う新しいスタイルのものも多くあります。その中でも特に都市部でよく行われているスタイルに「家族葬」と呼ばれるものがあります。...

NEXT

初心者向き生活

subpage03

互助会は、一定の金額を毎月積み立てることによって葬儀にかかる費用の一部分を賄うことができる制度ですが、いざ、葬儀を執り行うことになったときの段階で想定しているよりもオプションによる追加費用が発生して葬儀にかかる費用が抑えられていなかったというトラブルが発生することがあります。互助会も全てがトラブルが発生しやすい営業をしているという訳ではありません。...

NEXT

皆が知りたい情報

subpage04

生前葬とはその名の通り、自分の葬儀を生きているうちに執り行うという葬儀の形態です。従来のお葬式の定義を覆すような新しい発想の葬儀ですが、意外にその歴史は古く江戸時代の歴史書にも生前葬が執り行われたという記載があるようです。...

NEXT

生活の常識

subpage04

最近では葬儀を寺院ではなく全て業者に依頼するケースが増えてきています。では、葬儀社にはどのような種類があるのでしょうか。...

NEXT